Top
緊急病院
アロハ!シャーロットです。

7月18日、深夜1時のわたしです。
e0350876_10392856.jpg
「先生まだかなー」
なぜこんなことになっているかというと。






18日、夜9時頃突然、軽い発作のようなものが起きました。

それは、
・何もないのに地面を掘る仕草 に始まり、
・軽い痙攣、
・お母さんへの威嚇行動、
・ふたたび何もないのに空を噛む仕草。

お母さんが日本で飼っていた犬がてんかん持ちだったので、
これはてんかんかもしれない!とパニックになったお母さんは、
取るものもとりあえず、でもちゃんと発作中の動画を撮って、(これ大事です)
近くにあると聞いていた緊急動物病院に電話をし、
夜遅くに血液検査をしてきました。

わたしはといえば、
すっかり発作もおさまってからの病院だったので、
夜のおでかけやはじめて会う人たちに大興奮。
そうそう、生まれて初めてすごく近くで猫を見ました!

血液検査の結果は、どれも異常なし。
また、てんかん発作の始まりにはまだちょっと若いので可能性は低いと言われました。

ほっと胸を撫で下ろしたお母さんでしたが、でもこれってつまり原因は不明ということ。
これ一回で済むかもしれないし、
もしかしたら、これが長い闘病生活の始まりかもしれない。

でも、お父さんとお母さんは、どんな病気であれ、
これから一生わたしの面倒を見るぞ!と
改めて固い誓いを結んだのでした。

e0350876_10392322.jpg
はじめての夜のおでかけを楽しむわたし。

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]
Top▲ | by hawaiiancharlotte | 2015-07-20 11:25 | ハワイの生活 | Comments(8)
Commented by けい at 2015-07-20 17:51 x
とりあえず検査の異常なしで安心しました!
手術からもあまり時間がたっていませんし、お大事にしてくださいね。
Commented by chiezouphoto at 2015-07-20 23:22
ふぃ~ひろばのTOPで題名にびっくりした!汗
よかった・・・(よくはないけど)
いつもと違うことが起こったら不安ですよね。。。
わが愛しのパンくんは、6歳から夜中に無呼吸になって
がくーんとなり、揺さぶって起こすとキョトンとしたのだけど、
診断は、「太っちょのおじさんがよくなる無呼吸症候群」で
酸素不足になったとの見解でした。
今思えば、このときに身体のサインが出ていたのかもしれません。涙
シャーロットちゃんは一見したところ、お鼻が高くて、
穴も少し大き目なので呼吸はしやすいかな?と思いますが、
ちょっとしたサインも見逃さないようにしてあげてください!
遠いハワイと広島で繋がったのも何かのご縁なので、
パン君の分までシャーロットちゃんに元気で長生きしてもらいたいです^^
Commented by hawaiiancharlotte at 2015-07-21 01:57
けいさん、ありがとうございます!
母はもう心配で心配で・・・。
幸いシャーロット母は専業主婦なので、これからしばらくはつきっきりでいてあげようと思います。
Commented by hawaiiancharlotte at 2015-07-21 02:06
ぱん母ちゃん、本当だよ本当だよ!
もうすごく心配して、遠い国にいるシャー父に電話して、ずっとつきっきりで電話口にいてもらって、とても濃い夜でした・・・。
でも、近くに緊急病院があって、電話するとすぐ出るし、先生も信頼できそうな方だったし、診療代もきっと日本の24時間の病院に比べると安いし、今回で行き方もわかったし!
(っていってもタクシーだけど)
と、前向きに考えております。
もしかしたら、その小さなサインだったかもしれないし、それに気づけた意味でもよかったのかな。と。
でも。
不安だよーーーーこわいよーーーーー
っていうのが本音です;_;
わんこ母になったんだから、もっと強くならなくては!
心配してくれてありがとうです!
Commented by 小春mama at 2015-07-21 10:20 x
取りあえずは、異常なくて良かったですね。
私なんか小春に何か有ると、オロオロして
とてもシャーロット母さんみたいに
あっ、動画なんて考えが及ばないと思います。
落ち着いてますね~シャーロット母さん。
暫くは、油断はできませんね~
お大事になさって下さいね。
Commented by hawaiiancharlotte at 2015-07-21 10:41
小春ママさん。
いやいやー、実は、超てんぱっておったんですよ!
でも、実家のペキニーズがてんかん持ちで、毎回てんかん発作が起きるたび家族で涙をこらえながら動画を撮っていたのが身についていました。
パニックになりながら、その日食べたすべてのご飯・おやつのパッケージの写真を撮り、普段つけているシャーロット日記(これもそのペキニーズの影響です)を持ち、タクシーのおじさんに「わたしの赤ちゃんが病気なの、急いで!」(嘘じゃありません)と叫び・・・結構修羅場でした。
ありがとうございます!
看病、、、というより、しばらくは監視します!
Commented by powanksyfu-no at 2015-07-21 13:08
こんにちは
何ともなくてよかった、、。
うちの事務所のロン君も、とにかく、よく色んな病気に見舞われるし、
痙攣や、吐いたり、体のケアはフレブルは普通のワンコより大変、、。
我が家のらんルルも、てんかんもちで時々痙攣をおこします、、。
今のワンコは少しデリケートな子が多いのかもですね。
でも、ほんと、何ともなくてホッとしました^^
Commented by hawaiiancharlotte at 2015-07-21 13:24
らんるるさん
そうなんですね!うんうん、デリケートな子が多いのにびっくりします。。。
わたしが姉妹同然で育った犬が柴犬ミニィちゃんだったんですが、ミニィちゃんは、マスタードを食べても、玉ねぎを食べても、翌日にはケロっとしていたんですよね・・・。
そう考えたら、和犬のほうが丈夫なのかなあと家族で話していたところです。
これから、また何かあったとしても・・わたしには、シャー父というとんでもなく心強い味方がいるから大丈夫そうです。
シャー父シャー母二人で頑張ります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ダイアモンドヘッド | ページトップ | 避妊手術レポート3 帰宅してか... >>